スポンサーリンク
スポンサーリンク

【薬学部】6年制大学のデメリット3選。4年制大学とはココが違う!

gakkari あるある
この記事は約3分で読めます。

初めまして、とある薬学生です。

今回は、現役薬学部5回生の私が実感する4年制大学との違いです。特に大きいと思うデメリットを3つに絞って紹介します。

とある薬学生
とある薬学生

6年制大学に進もうと思っている方は特に考えておいた方が良いと思いますが、4年制に通っている方にも知って欲しいです。

スポンサーリンク

①社会人になるのが2年間遅れる

やはりこれが1番大きいと思います。

単純に社会に出るのが2年間遅れるのはデメリットといえるでしょう。

理系の学部の院に行くのと同じなので、企業によっては修士卒扱いになることもあります。

ここで理系の学部との違いは、「選択肢が無い」という事です。

ドアの写真
たまに理系の同期が羨ましくなります。就職という選択肢が4年終わった時に与えられない薬学部…。

院に行くかどうかの選択が出来る理系は強いと思います、薬学部では4年間行っただけでは大卒の経歴も得られないため入ったら卒業するまで頑張らないといけません。

入ったら、「6年勉強して卒業する or 中退して高卒に戻る」しかないのです。

他の大学に行くために仮面浪人している方もいますが、、、

そのかわりしっかりと勉学に励めば、国家資格が得られるというメリットもあります。

そのためのデメリットと考えておくと良いでしょう。

②勉強量が多い

薬学部だけでなく、他の6年制大学(学部)には6年制にしなければいけない理由があったはずです。

現に薬学部も数年前までは4年制でした。(凄く羨ましい!!)

なぜ6年制に変更しなければならなかったのか?

それは「資格習得のための勉強に6年かかる」と判断されたからです。

卒業するだけで資格が貰えるわけではないので、当たり前ですが。

これを理解せずに薬学部に入れたことで安心して、勉強をしないと留年するわけです。

留年した方が辿る運命についてはこちらの記事

1回生の頃の時間割などを文系に行った同期と比べたら、死ぬほどブラックに見えます。

朝9時~夕方5時まで月~金ほぼ授業みたいな時もありました

やはり大学生は遊びたい!と思うのはやまやまですし、全く遊べないわけでは無いです。

それでも、4年制に行くよりかは遊べる時間は減るでしょう。

③2年間高校の同期が働く背中を見守るしかない

これはストレートで進学したなら、5回生までは実感することは無いですが私は今これが最も辛いです。

親にも何だか申し訳なくなります笑

高校の同期は初任給で親孝行している中、まだ2年間勉強しないといけない自分が小さく見えます。

これも入学前から分かっている事ですが、いざその状況になってみると想像以上に辛いです。

あいつは社会人になって稼いでるのになあ、と思うことも。

2年後には社会人になって、その状況になることも分かっていますが「学生」ではない高校の同期を見て何とも言えない感情になります。

先走って、こんな本読んだりしてしまいます笑。凄く役立ちましたが!

「2年間学生が伸びて、社会人にならなくていい」と考えている人もいます。

私は逆で、人生においてリードされている感じが少し悔しいのでデメリットとして挙げてしまいました。

最後に

勿論、デメリットだけではないです!

メリットもたくさんありますし、メリットの方が多いと言い切れますがデメリットも少なからずあるという事も知って頂けたら幸いです。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。ブログの感想、薬についての質問などあれば、薬学生として知っていることなら知識としてお答えします!DMお待ちしてます!
とある薬学生Twitter: https://twitter.com/yakugakusei_ YouTube; https://www.youtube.com/channel/UCD8Pe8Lk45TlKvd0KtextJw

コメント

  1. […] 05/19 29記事目→【薬学部】6年制大学のデメリット3選。4年制大学とはココが違う! 30記事目→【開設25日で4桁収益】知識0からアドセンス合格、ブログ収益化まで […]

タイトルとURLをコピーしました