スポンサーリンク
スポンサーリンク

【NETFLIXオリジナル】RIVERDALE リバーデイル ネタバレあらすじ解説 S-1 EP-1 川のほとり

NETFLIX
daimei
この記事は約3分で読めます。

初めまして、とある薬学生です。

今回は、NETFLIXオリジナルドラマ「RIVERDALE」のネタバレあらすじ解説の記念すべき第一回です!

初めての試みですが、海外ドラマを愛する方達の手助けになればと思っています!よろしくお願いします!

一回見たけど忘れちゃった!という方は、目次から「まとめ」に飛んで頂ければ簡単なまとめを見ることが出来ます!

https://televisionmagnets.wordpress.com/2017/05/12/riverdale-season-1-review/

写真左前から:ヴェロニカ・ベティ・アーチー

後列左から:ジョシー・ジャグヘッド・シェリル

第1章:川のほとり

リバーデイルの第一話は、事件の概要(7月4日)から始まります。

ブロッサム家のシェリルジェイソン(この二人は双子で、ジェイソンが兄)が船に乗りますが、そのままジェイソンが行方不明に。

シェリルは「手袋を拾おうとして落ちた事故」と証言します。

続いて、ニューヨークからやってきたセレブ:ヴェロニカ母娘が登場します。家訓は「Quality Always 気位は高く」町に来た理由は、父親の逮捕です。

そして主人公のベティが登場。一緒に部屋にいるのはゲイ友達のケヴィン

向かいの部屋の窓から、夏休みで肉体改造に成功したアーチーを見てテンションが上がる二人。

ベティとアーチーのディナー中に、ヴェロニカと初対面を果たします。この時アーチーはヴェロニカに見惚れてしまいます。

ベティの母が冒頭シーンでジェイソンを恨んでいた理由

ベティの母は、死んだジェイソンを恨んでいました。理由は、ベティの姉ポリーが精神的に病んでしまった原因はジェイソンだと思っているからです。

講堂でジョシーが人気バンド「プッシーキャッツ」のリハーサル中に、アーチーが曲をやりたいと持ち掛けますが一蹴されます。アーチーは自身で作詞作曲をしています。

シェリルの兄への追悼演説中、アーチーはグランディ先生との関係を思い出して見つめ合います。

学校での昼食では、アーチーが新曲を披露。ヴェロニカは注目されないことを怪訝そうにします。一方シェリルは新入りにけん制します。

シェリルがベティを嫌っている理由

シェリルは、ベティを嫌っていますが、これはベティの母と逆で、ポリーが兄を殺したと思っているからです。チア部の入部試験でも、かなり高圧的な態度を取ります。

この時点では、ジェイソンがポリーに何をしたかは明かされていませんが、かなり酷い仕打ちのようです。(ベティは母親が姉を壊したとヴェロニカに打ち明けています)

アーチーは所属しているアメフト部で、1軍に昇格しないかと言われますが、父子家庭のため迷うことに。

晴れてチアの一員となったベティは、アーチーをダンスパーティに誘いますが、ヴェロニカと3人で行くことに。

アーチーとグランディ先生は、祝日の朝に川のほとりで銃声を聞いていましたが、関係上2人だけの秘密にして、これからも会おうとします。

ベティは想いを伝えますが、それとなく振られてしまいます。そして二次会では、ロッカーに男女が入るゲームでヴェロニカとアーチーがキスをしてしまいます。(ヴェロニカは少なからずアーチーに気が合ったようです)

動揺して出て行ってしまったベティを探すアーチーは、ジェイソンの事を小説にしようとしているジャグヘッドに会い、ベティの家に向かいます。

アーチーはベティに「完璧すぎて釣り合わない」と伝えます。

ケヴィンとムース(彼女持ちの隠れゲイ)は車で川のほとりに。

そこで頭を撃ち抜かれたジェイソンの水死体を発見します。

まとめ

・ベティの姉は、ジェイソンと母親のせいで精神的に病んでいる

・アーチーとグランディ先生は銃声を聞いている

・シェリルは、ジェイソンの死を事故と証言(実際は銃殺?)

始まったばかりで、登場人物の把握も大変な中、話の展開がかなり早いので着いていくのに必死な方も多いはず。

この展開の早さがリバーデイルの面白いところです!

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。ブログの感想、薬についての質問などあれば、薬学生として知っていることなら知識としてお答えします!DMお待ちしてます!
とある薬学生Twitter: https://twitter.com/yakugakusei_ YouTube; https://www.youtube.com/channel/UCD8Pe8Lk45TlKvd0KtextJw

コメント

タイトルとURLをコピーしました