スポンサーリンク
スポンサーリンク

【NETFLIXオリジナル】RIVERDALE リバーデイル ネタバレあらすじ解説 S-1 EP-2 背徳の後味

NETFLIX
題名
この記事は約3分で読めます。

初めまして、とある薬学生です。

【NETFLIXオリジナル】RIVERDALE リバーデイル ネタバレあらすじ解説 S-1 EP-2 背徳の後味

リバーデイルシーズン1エピソード2 背徳の後味 のネタバレあらすじ解説です!衝撃的なエピソード1からそのまま観た方も多いのではないでしょうか?

一回見たけど忘れちゃった!という方は、目次から「まとめ」に飛んで頂ければ簡単なまとめを見ることが出来ます!

https://televisionmagnets.wordpress.com/2017/05/12/riverdale-season-1-review/

写真左前から:ヴェロニカ・ベティ・アーチー

後列左から:ジョシー・ジャグヘッド・シェリル

第2章:背徳の後味

初めはかなり衝撃的なジェイソンの溺死体から。

アーチーは、グランディ先生と聞いた銃声を思い出しながら、ベティに会いたいと連絡しますが、断られ、結局先生の所へ。

(なぜ上半身裸で行くのか?笑)

ベティの母親は、ベティの交友関係を良く思っていませんが、ベティはアーチーと一緒に学校へ向かいます。

ジェイソンの遺体を発見したケヴィンは、保安官の息子です。(男といることも父に話した様子)

ヴェロニカは仲直りのために、友情の黄色いバラとNYからのカップケーキ、更には二人分のネイルも予約しました。ベティはこれを快諾。

警察とシェリルによる、ジェイソンの事件の報告を受けて、動揺しているアーチーにジャグヘッドは疑いの目を向けます。

ジャグヘッドとアーチーは親友だった

ジャグヘッドとアーチーは、7月4日に旅行の約束をしていましたが、アーチーはグランディ先生と会うためにそれを断っていました。

アーチーの歌を聞いて、泣いて去ってしまうベティ。追いかけるアーチーですが、校長に事件のことで呼び止められてしまいます。

銃声のことで、グランディ先生に相談しに行くアーチーですが、音楽室を通りかかったジャグヘッドに目撃されてしまいます。

一旦仲直りしたベティとヴェロニカですが、クローゼットのことを問い詰めるベティ。アーチーにフラれたことを、ヴェロニカのせいと決めつけ、ネイルにはシェリルと行くことに。

ヴェロニカの母(ハーマイオニー・ロッジ)は、アーチーの父の会社の経理で働こうとしましたが、断られたため(EP-1)ダイナーポップで働いています

ベティの家に来たシェリルですが、ベティに向かって「あんたのイカれた姉が、兄を撃ったと思ってるのよ」と言い放ちます。

一方ジャグヘッドは、アーチーにグランディ先生とのことを問い詰めます。アーチーは銃声のことを告白。

アメフト部では、犯人捜しが始まり、典型的ないじめっ子レジーによってジャグヘッドが標的になりますが、アーチーが守ります。

場面は変わって、アメフト部の試合当日。アーチーは銃声のことを証言すると決意。ジャグヘッドとの友情を大切にします。

市長(ジェシーの母親)の演説の後、ジェシー率いるプッシーキャッツの演奏で、チアが踊ります。

シェリルは、アメフト部員の中に兄ジェイソンの姿を見てしまい、会場から逃げ出してしまいます。その後、ヴェロニカがロッカールームで慰めます。

ダイナーポップで、シェイクを飲み、「二度と男のことで喧嘩しない」という誓いを立てたベティとヴェロニカ。そこにアーチーとジャグヘッドが合流します。

「外からは4人組に見えただろうが、3人だった」という意味深なジャグヘッドのナレーションで次のシーンへ。

検視結果によって、ジェイソンの死は7月4日ではなく、その一週間後だということが明らかになり、シェリルは連行されます。

まとめ

・アーチーは銃声のことを保安官に話すことを決意

・ジェイソンが死んだのは7月4日ではなく11日

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。ブログの感想、薬についての質問などあれば、薬学生として知っていることなら知識としてお答えします!DMお待ちしてます!
とある薬学生Twitter: https://twitter.com/yakugakusei_ YouTube; https://www.youtube.com/channel/UCD8Pe8Lk45TlKvd0KtextJw

コメント

タイトルとURLをコピーしました